特定外来生物にも指定されており、繁殖力が強く、生息地域では在来種が駆逐され、生態系への影響が懸念されている。海外からの物資の移動と共に日本に入ってきたを考えられる。人体に危害は加えないものの、家への侵入や大量に食べ物へ群がる不快害虫です。
アルゼンチンアリ
2齢以降の幼虫の背中には無数の毒針毛があります。年2回、春と秋に発生し、越冬は卵でします。脱皮殻でも触れると痛みと皮膚炎が起きます。茶、さざんか、椿などによくいます。見かけたら注意!
チャドクガ
アナフィラキシーショック
ハチに刺された際等に起こる急性アレルギー反応の「アナフィラキシーショック」で新たな発症メカニズムを、烏山一・東京医科歯科大教授らが突き止めた。白血球の一種の「好塩基球」が活性化することで、ショック症状が起きていたとの事。予防法などの開発につながる成果で今後注目されると思います。ハチ刺されは身近ですが危険度が高いので気をつけましょう!
トップ
メンバー
エフォートクラブとは
pest control assist network  effort-club
www.effort-club.com

このホームページのすべての文章の文責及び著作権はエフォートクラブに帰属します。文章の引用・転載、画像の持ち出しは一切禁止とさせていただきます。
Copyright(C)2008 effort-club. All Rights Reserved.

ここでは害虫防除・建物保全に関する情報をお届けします

シロアリの擬似卵
岡山大学の研究チームが、シロアリの働きアリはフェロモンを特定して卵を判別していたと発表した。このフェロモンは、細菌の細胞壁を分解する機能があるタンパク質「リゾチーム」と判明し、実験で卵と似た形状のガラスビーズにリゾチームを塗った“擬似卵”を作ると働きアリは巣の中に運んだ。これを活かして今後新たな駆除方法の開発が期待されている。
ツマアカスズメバチ
外来種のスズメバチのツマアカスズメバチが数年前から日本に上陸し、動向が注目されてます。生態系への影響や養蜂場への被害等が懸念されています。
床下湿気対策に「答え」がでました!    コンフォートシート誕生!!
クリック!